読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「変化する」というアイデンティティ

私のアイデンティティは「変わる」ことだ。経験を通して、読書を通して、そして複数の時間を生きる(こちら参照)ことによって性格及び思想、それに伴う言動が、私の場合は頻繁に変わる。これまでの私と接してきた人にはお分かりだと思う。そして最近その変…

今考えていることーデカルトとライプニッツに憧れてー

僕は人生において、いろんなことがしたい。ゆえに中世の万能人と称される偉人たちに憧れるのは自然の流れである。 デカルトとライプニッツは哲学者として偉大な思想を残し、自然科学に多大な貢献もした。そして何より、デカルトは演繹法を確立し、解析幾何を…

京都大学合格にあたり、母校の生徒へ学びのコンパスを送る

この度は、両親をはじめ教師の皆様、クラスメイトの理解のもと、僕の奇怪な勉強スタイルを続けさせてもらえたために、無事京都大学総合人間学部に合格することができました。ありがとうございます! そこで、僕の母校天王寺高校の生徒や教師の皆さんに還元で…

脱受験勉強のススメ

僕はふと疑問に思った。いわゆる「受験勉強」は必要なのだろうか。大学側はテストの形式に慣れさせることを目的として試験を作成しているのだろうか。ここでの僕のあげる仮説はは次のことである:1:大学側は一定以上の学力を持った生徒を選抜するために試…

好奇心と独学力に重点を置いた教育モデル

本来高校までの教育とは「いかに学ぶか、なぜ学ぶか」を身につけるためにあるはずだ。さらに学ぶことに対する好奇心を伸ばし、人生において学び続けるために、独立した思考と協調性を身につけることが目的とされるはずだ。(最も自分でかんがえる力を持たな…

高校生から見た高校教育ー卒業論文に変えてー

僕は現在、大阪の公立高校三年生だ。もうすぐ京都大学の受験が控えているが、卒業論文代わりに、内から客観的に見た現在の教育課程の誤謬と、独立して考える力を養う理想の教育像というものについて、この一年間考えてきたことをまとめることにした。僕は、…

真理・選択・ヴィパッサナー

先日、ヴィパッサナー瞑想法の修行に10日間行ってきた。10日間山奥の小さな施設に泊まり込み、睡眠と食事以外の時間は常に瞑想をしているという非常にハードなものであった。さらに修行中は誰とも会話をしてはならず、目を合わせることも、体が触れ合うこと…

自考・ニューロン・じゃぱにーず

はじめに… 自分の頭の中で考える行為を私は「自考」と呼んでいる。これは至極当たり前なことを言っているように聞こえるだろうが、ここでは私は高度かつ意図的な思考に限って言及している。つまり、「今日の晩御飯は何にしようか」と考えることではなく、微…