読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
西成出身京大生。考えたことを共有するため、意見交換の下準備、知らない人に話しかけてもらうためのセルフメディアです。

僕がブログを書く意味

 このブログを書いていて、「お前ヤベェな」とか「よく考えてるね」とか「胡散臭い」と、掘り下げることなく上部の評価だけを伝えてくる人が多い。それでは僕が言語化というリスクを背負い、しかも身の内をさらけ出して終わりではないか。こんなに時間をかけて面倒なタイピングをして自分の考えを書き込んでいるのは、自分がこう言う価値観を持っているということを明かしておいた方が、話したことがなくても「あー、あのブログの、価値観がこう言う人だ」という風にわかってもらえて、そこから一緒に昼飯食べに行った時に「自己紹介をする時間が省ける+間に合わせの言語の乱用を防ぐ」ことで議論の効率化ができるからだ。もう一つ、他者に話しかけてもらい、議論の」相手を見つけたいからだ。それなのに皆「読み逃げ」して、ブログにコメントをしたり僕を昼飯に誘ったりしてくれない。その理不尽さを訴えたくてこうして僕がブログを書く意味を一度まとめることにした。
 そもそも、僕は議論をする人を見つけるためのエサのような効果を求めてブログを始めたのに、実際にはこの二週間、ブログは灯台のようなものと化し、京大生という船は僕に一瞥しただけで、何かを得たのか、その人の思考の方向性に刺激を与えられたのかはわからないが、決して灯台には向かってこないで違う方向に行ってしまう。自分の考えを言語化することを恐れるのは分かるが、言語化して現実世界に押し出してやらないと、他者との交わりの中で生まれてくる新しい考えや自分の考えの発展といったものを享受することはいつまでたってもできない。僕も、書くことで自分の考えが言語により固定化される恐怖と議論で得られるものを天秤にかけた上で、こうして無理やり言語化している。人間という生き物に生まれた以上は言語によって縛られるのは仕方ない。それを認めた上で、言語の暴走する力を逆に享受したいという人と僕は話したい。京大生は昼飯でも食いに行って話したいし、京大生以外の方もメールやコメントでやりとりさせていただけるとありがたい。(昼飯行ける人はいつでも連絡ください)
 具体的にこういう話がしたいというのはないが、文系理系問はず、学問や芸術についての話をしたいと思っている。そういう議論を求めて僕は京大に来た。
 なお、「トートロジーに陥っている」など哲学上、論理上の矛盾を指摘してくれた人もいたが、僕は哲学をしたいのではない。ただ、「価値観を晒すこと」と「僕の価値観に対して他者がどういう反応を示すのかを見ることによる、互いの価値観の昇華」が目的なのであるから、論理の矛盾とかは興味がない。ちなみに僕は哲学は好きではあるが、言語遊びは好きではない。演繹的に論理的整合性を突き詰めていく哲学に限界があることは間違いがないように思える。それよりかは、僕は形而上のものを認め、こじつけで理解しようとしない、スピノザウィトゲンシュタインの考えに僕は強く共感する。ただ、哲学的話も好きなので、僕は論理的に詰めた話はできないが、倫理学よりの話や僕なりの視点からの哲学の見方など、共有したいことはたくさんあるので、ぜひ話しましょう。
 とにかく、言語化することを恐れず、言語とうまく付き合っていこうではないか。大いに議論しようぞ。

上村治也略歴(2017年3月まで)

生まれは西成。小中高と地元の公立に通う。
小学校ーーサッカー少年。将来の夢は公務員であった。卒業文集的な将来の夢の欄に「順風満帆な人生」と書いて、家族で手をつないで上から札束が降ってくる絵を描いていた。
中学生ーー陸上で中長距離。三年からはサボリ倒して賭け麻雀。一年の時から遊戯王ポケモン、大富豪などのテーブルゲームが中心。基本的に金が絡んでた。基本マイナス思考、愚痴だらけ。遊戯王では一度日本橋で優勝。他にも、小学校の時に隠れて育んだ卑屈さゆえにここでは言えないような数多くの悪事を働いた。いわば最も人間的に純粋であったとも言える時期であった。勉強としては安定した勝ち組ルート目指して真面目に勉強。天王寺高校に合格。
高校生ーー柔道部に入り2年で体重20kg増。主将を務め、2年次には強化選手選考会最終22人まで残ったのがピーク。学生生活については、1年生の時に素晴らしい友に出会って完全なるプラス思考と明るい性格が固められる。一年間は青春のすべてをやり尽くしたと思っている。2年生の時に惰性で人付き合いを続け、負の方向の性格が徐々に取り戻されてくる。ここで人生の転換期その1。冬に夏目漱石の「こころ」を読み、他者の目を気にする自分に気づき、自分について考える人生が始まる。このまでは「世界に行きたい」とだけ思い、商社マンになろうといういわゆる勝ち組ビジネスマンになろうとしていたが、ここから「世界を変えたい」にいつの間にか目的がすり替わっていく。ゆえに将来の夢は「起業家」。同時に他者との比較に基づいた思考傾向が顕著になり始める。これは中学まで育んだ卑屈さゆえに生じるものだ。まず、海外進学を志し、一人で台湾、マレーシア、シンガポールまでバックパック。その後高校やめて世界1周しようとしたり、早稲田進学考えたり、高校生団体立ち上げたり、タイにバックパックしたり、やっぱりシンガポール大学に行きたくなったり、いろんな経験を通して人生について考えていった。ここまでで8月。夢は起業家。ビジネス書や自己啓発本を読みまくっているからゴリゴリのオラオラの楽観主義。ここで人生の転換期その2。ニューロンの電位変化の仕組みを始めてみて劇的に感動。自然の摂理および科学の素晴らしさに目覚める。それまでは理系という選択肢すらなかったのだ。ここで、学問的にビジネスすることが世界を変える方法だと思い、京大総人を志す。しかし、実家の家計状況の問題を顧慮して起業することを思い立って、その区切りとして山に瞑想修行にいく。そこから理論と身体性、自然と慈愛の精神の道を歩むことになる。帰ってきた後、やはり学問がしたいのと、家族を安心させるために京大総人を目指し始める。ここで12月初め。ちなみにここまでの人生における選択はすべて他者(それはスーパー高校生とかザッカーバーグとか、とても”有名”な人たち)との終わることない比較に基づいたもので、その卑屈さ、傲慢さ、嫉妬を原動力にしてこれだけ半端ない量の行動をしてきた。アドレナリン全開である。もちろんここに書いていない時期、日にはバリバリ勉強しているわけである。話を戻して、この12月初めから2月までは学校に行かず家でずっと一人でこもって本を読んで勉強していた(詳しくは他の記事を参考に)。ここで人生の転換期その3。一人でずっといる間に自分と対話し続け、自己の認知・心理を観察しつづけつつ、認知心理学や偉人の自伝とか100冊くらいを読みあさっていると、過去の瞑想の経験と相まって何かが変わった。ここで、卑屈さを浄化し、相対的である事をやめて、愛と自然に生きるようになった。自らに嘘をつくことをやめた分、幼い頃に父母に育んでもらった自然好きであたたかい気持ちを取り戻すとともに、人間としての苦しみやしんみりした気分を感じることを受け入れるようになった。子供の貧困講義の時からペシミスト。資本主義がよろしくないと思うように。その後京大合格して、今は京大の近くのベンチャーで働きながら京大の図書館で勉強、そして僕の求めてたようなぶっ飛んでる学友たちを見出した所だ。ちなみに三月には芸術に目覚めた。イサムノグチがすごい。
これからーー家庭の状況を考え、お金を稼ぎつつも、好きなように学問をしていきたい。大学では諸学問の統合の方向で、学友をつないだり理論上で繋げたりしたい。だが、ひとつ自分の主軸として確立すべきであると考え、物理をやる。死を意識して人生の時間を過ごすという生き急ぐようなスタンスは変わっていない。人生や人について考える事も多々あるが、全て受け入れた上で暫定的に考えを置いておいた上で、放棄せず、後に考え抜いていく姿勢でいきたい。よく言えば曖昧さを意識的に使いこなした思考様式を貫いていきたい。将来どうなるかは曖昧なイメージで止めているが、自分の絶対性に生きたい。あと、自然と共に生きたい。

過去を生きるということ

 私の時間に対する価値観について書こうと思う。ここでは「過去を生きる」ということについて書いていく。
 自分の過去に行ったこと、考えたことを、想起し、その過去の自分から学ぶということを私はしている。この思考法は、偉人の伝記を読み漁る中で身につけた。例えば伝記では「エジソンはこの時に物事を細かく分解して考える癖をつけたのだった。」という表現がほぼあらゆる出来事について記述されている。私はこの歳にして、何も成し遂げていないにも関わらず、自らの過去の人生を説明するように辿っている。つまり、私は過去のすべての出来事から「学んで」いる。「保育所の時からレゴと折り紙を好んでやっていた上村は、この時に空間把握能力を身につけ、それが現在の驚異的な幾何学における奇抜な発想の元になっている」。この場合、「教育認知学的にこういうことをしたら小学校教育は良くなるかもしれないな」、「こういう能力が俺にあるのなら、こういう仕事をすれば人類に貢献できるかもしれない」など、いろんな学びができる。しかもその学びは記憶力がある限り人生のどの時点においてもできる。このレゴについての事実から学ぶにしても、認知学の知識が全くなかった一年前ならば学べることは皆無に等しかったし、四年後にはレゴを超える教育玩具を作り出すヒントとして折り紙の事実と合わせられるかもしれない。この、過去という時点にいつでも回帰し、学んでこれる(そして同時にしんみりと思い出に浸れる)ので、私は過去を生きていると言えるであろう。
 続いて、私の友人関係に対する価値観を話しておこうと思う。友との思い出というのはずっと鮮明に心に残っているし、その限りで同じ時間を共有した友は人生において変わらず友であると、私は考えている。だから、互いの価値観が変わって気が合わなくなったり、昔のように一緒に遊んだりしなくてもその友は私にとっては一生涯の友であり続ける。だから同じ友と気が合いもしないのに無理して行動を共にし続けるというのは惰性でしかないと思っている。常に一緒にいないと失われてしまう友情など、話が合わなくなると切れてしまう友情など、私には興味はない。久しぶりに会って昔を思い出して、昔の価値観に戻って楽しく酒を飲む、いわば共に過去に帰ってその時を生きられる。それが私の理想である。(問題は、相手が同じ価値観を持っていない場合それが成り立たないということだ!そのためにここに書いた!!)
 

今を生きるということ

ここでは過去を生きることに続いて、「今」を生きることについて書いていく。今を生きるといえば、今年の京大の英文に出てきたことは記憶に新しい。その英文では人々の時間に対する価値観について、過去との比較によって生み出される負の感情や、今を生きることを人々が恐れる理由などが挙げられていた。実はこの英文は、最初の引用部にもあったように禅の教えをもとに論を展開していた。私は去年の11月に瞑想修行に行ってから、この「今を生きる」ということの喜びを味わえるようになってきている。そこで、ここでは私なりの「今を生きる」ということについて書いていきたい。
 今この瞬間に生きていられることに喜び、感謝すること。すべてはこれに尽きる。もちろん、昔はこんなことがあった、と思い出話に浸ることもある。それに未来とまではいかなくても4年後にはこんなことがしたいからそのためにこれをしよう、という人生計画もする。どうしても過去の栄光や未来への希望に人はすがりたくなるものだ。ただそこには他者としての自分との相対的な比較による嫉妬の可能性が潜んでいる。それに、そうして先のことのために行動することを繰り返しているうちに人生というものは終わってしまう。しかし、私たちが生きているのはやはり「今というこの瞬間」であるのだ。人はこの今をあまりにおろそかにしすぎている。それも無意識に。
 それでは、ただ今を遊んで楽しめば良いのだろうか。もちろん私に断言することはできないが、毎日のようにテレビを見たり麻雀をして遊ぶことは、人間としての「今」を生きるということにはなっていないと思う。それは一時しのぎの快楽に過ぎず、ほとんど記憶にも残らないような惰性的行動として人生をすり減らしてしまうように私は考える。人によって様々であるが、友との会話や芸術鑑賞、学問の探求や仲間との起業。そういった人間としての「生」の喜びを享受できることに、私は貴重な今という時間を捧げたいと思う。スティーブ・ジョブズは「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことか。それに対する答えが”No”という日が幾日も続くのであれば、何かを変える必要がある」と言った。哲学者ハイデガーは、死を意識しそこから逆算して今を見ることで生き方を考え直すことを説いた。私たちは限られた時間しか生きることのできない、いつか必ず死んでしまう儚い存在だ。だからそれを意識した上で、今というこの瞬間を存分に生きるべきではないだろうか。
 また、私という存在は、大事に育ててくれた父母始め、様々な人の支えで今ここにあるし、人類の歴史的流れの中での存在でもある。そう言った歴史的なものを背後に持って初めて存在する収束点としての「今」。精神と世界とが唯一接する点、そしてこれからの未来へと広がっていく起点としての「今」。この「今」を生きる点としての自分。それを宇宙、時間の壮大な広がりの中の存在として捉えること。それこそが「今というこの瞬間」を生きるということにほかならない。すると今生きていることに対する感謝、そしてあらゆることに対する感謝と喜びが自然と感じられてくる。それこそが仏教でいうアガペー(愛)であり、悟りである。悟りというものは非常に相対的なものであるとは思うが、様々な教えや経験の中で考える私の中での悟りといものは、この「今」に対する感謝から生じるアガペーを外界からの刺激にかかわらず常に感じられる状態のことを指す。さらに、お坊さんや僧侶などの偉大な方々は、そのアガペーを他者にも与えることができるほどの大きな愛を持っておられる人だ。
 多くの教えでは、人生の真理は「愛」であるという。それは情熱的な恋愛を指すのではなく、すべてのことに対する愛であろう。その愛とは今というこの瞬間を生きることによって初めて得られるものである。このブログでは過去を生きることについても書いてきたが、やはり私たちが大事にすべきはこの「今」だ。今の私が真に今を生きれているかどうかはわからないし、これからもわからないだろう。ただ、常にアガペーを感じて、今というこの瞬間を精一杯生き、それを周りの人、できるだけ多くの人と共有して生きていきたい。

量子思考 (構想)

人間の脳というのは物事を一つにまとめたがる傾向がある。故に世間では皆がそれぞれ異なる考えを持ち、多くの場合それを崩そうとしない。リバタリアンでさえ、リバタリアン的思考様式を持ち、それを崩そうとしない。権力に植え付けられたものであれなんであれ、人間誰しも自分の考えというものを持っている。そしてその考えを著書なり会話なりでアウトプットすると、異なる考えを持った人に伝わり、そこから異質な意見がまたアウトプットされ、その考えが異なるものであるならば反発が生まれる。そうして人類は争いを生んできた。
 ここでは、考えの正当性であったり、どのようにして人の思考が形成されたのかなど、厳密なことについて論じるつもりはない(今後哲学的言語を身につけていく中で厳密に定義し直していきたい)。むしろ、思考というものを人がどういった形式で保持し、それが表出されるのかという、一連のプロセスに論点を置き、そのプロセスを「量子思考」と暫定的に定義し、それを元に人類の争いを和らげる思考様式を提案するという目的のもとで書いていきたい。以下はその要約文とする。
 量子思考の要点は次のようなものだ。つまり、個人が幾多もの可能でありうる「思想」を持ち、その中から脳という装置を通して確率が高い=神経回路上の効率が良いものが一つに選択され、それを言語を媒介にその人の「考え」として表出されるというものだ。( 「」で囲っている単語は今後厳密に定義していきたい。)
 私の場合、オプティミスティックであると同時にペシミズムだ。もちろん私が今打ち込んでいるものはパソコンであると同時にパソコンでない何か違うものであるという可能性を含んでいる。太陽は熱いし、冷たい。そういった、”1984”(ジョーオーウェル)でいう「二重思考」を拡張して、量子の振る舞いのように数多もの思想を同時に可能性として持っており、それを一つだけアウトプットしているとする。そしてその「事実」を意識し、可能であるすべての考えに気を配り、意識的に使い分けてアウトプットすること。それによって人類の衝突、個人間の不和が減らせる。そういう倫理的な効用を得ることを目的とした、思考法の提言をしたいのだ。明確な目標ではないが、この思考法を哲学的に確立させ、倫理面をバックアップできるようにすることで、知識階級の哲学に選択肢として量子思考が入ることを狙っている。人類の一辺倒な思考様式に、柔軟な思考を合理的に理解し受け入れるための哲学を持ち込みたい。知識階級=金銭的、権力的に力を持った人たちが柔軟で曖昧な考えができれば、人類を良い方向へ導けると思っている。

日本における子どもの貧困〜子ども食堂をこえて〜

 3月20日、大阪教育大学にて生野子育ち社会研究会主催の「子ども食堂をこえて」というタイトルで、日本の子どもの貧困問題について考える講演会に参加してきました。僕が強いられたように、一人一人がこの社会問題に対する自らの認識が浅いことを自覚し、熟考することで認識の度合いを深くするきっかけを作るべく、この講演で学んだこと・考えたことをまとめ、提示しようと思います。僕にはそれが今できる社会への小さな貢献です。
 この講演に参加したのは日本の子どもの貧困について「まったく」知らなかったから聞きに行こう。といった浅はかな動機からでした。しかし今回の公演の最中から、人類という存在に対する認識が、染み込みこむようにして一変されるのを感じました。ひっくり返るのではなく、深まる、という度合いの変化でしょうか。現在の価値観は圧倒的にこれまでのものとは違うのですが、ここでありきたりな表現をするよりは、細かく表現しようとすると、やはり「染み込むように深まり、結果として転換となる」です。
 今回思い知らされたのは、中途半端に事実を知識として得る、または自己満足のための寄付をするくらいなら、知らない方が、金を出さない方がマシだということです。これは来ていらっしゃった方々に共通の認識でありました。これは、フードバンクであったり子ども食堂といった、貧困の子どもに食事を提供するといったNPO法人にも当てはまり、みわよしこさんは傷口に間にあわせで貼る”絆創膏”に例えていました。一時凌ぎにはなるけれど、逆に傷口が隠されるから抜本的な改革が遅れること。貧困の当事者が周辺化する、つまり「助けてもらっているのだから」という主従関係のようなものができてしまうことによって当事者が声をあげられなくなる。これらが”絆創膏”として批判されるときの主な理由です。このジレンマとどう向き合っていくか、僕は思い悩んでいます。
 これは子ども食堂についてではなく、私たち自身の、あらゆる社会問題や環境問題に対する認識について言える考え方です。社会問題についてGoogleで調べたところで、認識は浅いもので止まるでしょう。さらに悪いことに、調べたことで知った気になり、単なる事実としてこの社会問題について考えるのを自然と止めてしまうでしょう。わかった気になる。都合のいいように理解する。それが人間の認知というものです。また、ウェブサイトを見て人間としての良心の痛みを感じて寄付をする方も出てくるでしょう。しかし、それで満足して考えることをやめ、人に伝えることをやめてしまうなら、それは単に個人としての徳を積んだ、そして付属として子供たちの夕食三日分、とも言えます。
 僕自身、子どもの貧困にかかわらず、世界での問題について、知識として持っているレベルの浅さでした。海辺で死んでいるシリア難民の子ども、餓死寸前の子を狙うハゲタカなどを見て、良心の痛みを感じる。僕もそうでした。それはほとんどの人がそうでしょう。でもそれで終わり。自分は現状を知っている、同情している。CSRとして募金しよう。よし、自分は世界市民として貢献している。そこで止めてしまっているのではないでしょうか。それでは人類の負の連鎖は止まらず、焼け石に水なような気がしてなりません。しかも、人類は不必要な工業開発などによってさらに石を熱くし続けている。僕の生き方はオプティミスティック(楽観的)ですが、人類の現状および歴史について言えばニヒリスティック(厭世的)の立場をとらざるを得ません。
 我々は認識の度合いがどれくらいなのかを意識的に自覚せねばなりません。正直なところ、どんな著名な人が社会問題について書いても、それを読んだり、写真で見るだけでは認識を深めることには限りがあります。当事者に接触する、内部に踏み入ることで初めて認識は深まり、度合いというものを超えて、今までとは違った価値観を持つようになるのだと思います。実際にはそういった機会を設け得ようとする人は少ないでしょう。先に挙げたように浅い認識が枷になって思考停止してしまうからです。そして、実際に認識が深まったと感じても、そこで認識の度合いを深めることを無意識のうちに止めてしまうのなら、それもまた同じことです。だからこそ僕たちは、意識的に度合いを問うてみることによって、自己の認識を深めようと努める必要があります。そうして、個人及びコミュニティ内での総合的な認識を深める必要があるのは言葉にすれば当たり前ですが、このことについての認識の度合いを深めるために婉曲的な表現をする必要があります。黒絵の具を溶かした水を机の上に集めた大きな水滴を想像してください。その近くに小さな、透明な水滴を落としても、元の水滴に飲まれ、元の透明さは跡形も無くなります。人類に必要なのは、黒色の水を追加するよりも多くの透明な小さな水滴を、皆が注ぐことで赤色を注ぐことが無意味である状況にまで持っていくことです。歴史の負の連鎖を止めるには、弱者およびすべての他者、そして偉大な自然に敬意を払う、そんな価値観を人類の支配的な価値観とならなければ我々人類は黒い水を注ぎ続けて地球および人類を破壊しつくてしまうことでしょう。
 僕自身に出来ることは何か。むしろ、この負の連鎖は決して止めることはできないので今まで通り、個人および自分の周囲の幸せを追求しつつ(利己的に)、それが他者および人類の幸福に自然とつながる、といった西洋の生み出した綺麗事に追従していくのか。これについては人生の中でゆっくり考えて続けていく必要があるので、デカルトにならって暫定的にスタンスを定めておきたいので、「”そうではない人・こと”に常に考えを及ばせて、まずは自己の人生を追求する。」というスタンスで行こうと思います。ニヒリズムオプティミズムの両方を量子力学的に備え持った思考様式。そんな曖昧さが人間としての「生」を追求するには必要なのではないでしょうか。

「変化する」というアイデンティティ

 
私のアイデンティティは「変わる」ことだ。経験を通して、読書を通して、そして過去の時間を生きることによって性格及び思想、それに伴う言動が、私の場合は頻繁に変わる。これまでの私と接してきた人にはお分かりだと思う。そして最近その変化というものが私のアイデンティティだと「決めた」。
 そしてここでもう一つ分かっておいていただきたいのが、私の「決めた」というのは「暫定的に決めておいた」ことを意味する。これは、デカルトの『方法序説』を参考にした考えだ。デカルトはスコラ哲学をベースとした哲学の再構成に挑む際に卓越した比喩を用いている。引用はしないが大体は次のようなことである。「ある住居を建てるにあたって、それが出来上がるまでに住む住居が必要である。」注意していただきたいのは、私は自分の考えに論理付けをすることが得意であるのと、饒舌であることから、これまで数々の人に自分のビジョンを納得させてきた(その必要があったからこそこの能力はついたのであるが)。しかし、今思えばそれは暫定的なものであった。その曖昧さとも取れる変化によって迷惑をかけた人もいるので、ここで謝っておきたい。
 これに関してもう一つ書いておきたいのが、私にとって過去の自分は自分ではない。先ほど書いた通り、私の考えは常に変化している。さらに、体を構成する粒子もこの一瞬にも入れ替わっていることを考えると、過去の自分が別人のように感じられるのだ。だが、私の過去の考え・行いを批判されるときには、私自身が批判されていることに変わりはないし、自分でもそう感じる。つまるところ、他者・世界との関係性の上に思い出であったり行動というのは成り立つのだから、個人的思索などは日々変化しているという点で過去の別物であるが、友との思い出、過去に働いた悪事などは私の命が尽きてもなお、人々の精神世界の中に残り続けるのだ。その場合、私がこうして書いていることも世界との関わりを持った以上残り続けるのであるが、あくまでは4月2日の現時点の私の内的思索と世界の接点に過ぎないのであって、今度会う私が同じ考えを持っているわけではないということだけ留意していただきたい。
 また、私は自らの変化を受容するだけでなく、周囲の環境の変化、思想上の進展が心地良く感じるので、自ら変化を求めて行動している。それは周囲から見てわかる行動ではないことが多いが、読む本のジャンルや生活様式、思考様式を一日単位、一時間単位で変えたりしている。
 最後に、私は基本的に自分の中で練り直して、整理・淘汰していく中で考えを変化させている。よって、「コロコロ変わる」という表現は適さず、「継続的に変化していっている(have been changing)である。
 ここまで書いてきて結局何が言いたいかというと、言っていることがよく変わるけれど、「こういう風に変化してるんだー!」、と外から見て”楽しんで”理解していただき、見守っていただきたいです笑